2012. 05. 23  
「福島原発の事故原因の全容解明と対策、柏崎刈羽原発の影響を受ける地域住民の合意なしには柏崎刈羽原発の再稼働は認められない」

長岡市がこの立場にたって対応するよう、長岡市議会に求める1万人の請願署名を行っています。
長岡市在住の方。基本自筆でお願い致します。
8月末までに1万人の署名を集め請願する予定です。
御賛同頂ける方は、是非ご協力お願い致します。

署名活動のチラシと署名活動用紙をダウンロード(PDF)出来ます。
ダウンロードはここ→終了しました。
郵送先
〒940-0067
新潟県長岡市関東町4-15
原発ゼロ長岡市民ネット事務局

お問い合わせは
TEL0258-37-1039
FAX0258-39-4646

よろしくお願い致します。
スポンサーサイト
NEXT Entry
7・8「原発ゼロ!にいがた県民大集会」
NEW Topics
「日本と再生」上映会のお知らせ
原発ゼロ長岡市民ネットニュース71号
原発ゼロ長岡市民ネットニュース70号
「安全な避難方法に関する検証」問題で、県知事に申し入れ
なくそテ原発2017新潟大集会
Comment
ご意見ありがとうございます。
原発の廃炉に向け、違法性を明確にすることが大切とのご指摘はもっともです。
同時に、廃炉に向けた運動として、いろいろな論拠で原発の再稼働をさせないようにすることもまた大切ではないでしょうか。
停止期間が延びれば、原発なしでもやっていけることを証明することになり、廃炉への大きな力になるのではないかと考えています。

不定期ですがブログを更新していきたいと思います。
今後もご感想、ご意見を頂けると嬉しいです。
今後もよろしくお願い致します。
No title
感想というか意見なのですが、「地域住民の合意なしには柏崎刈羽原発の再稼働は認められない」では、原発の運転自体の違法性がアピールされないのではと思いました。これだと相手の合意があればその人を殺しても合法であるといっているように見えます。たとえ世論の99%が支持しても他国を侵略し略奪をおこなうのが違法行為であるのと同じように、支持や合意の有無に関わらず原発の運転は違法であるという視点は重要だと考えます。原発の違法性を十分認識してるがゆえに、電力会社も政府も、その他推進側の国際機関も放射能は安全である強弁し続け、またせざるおえないのだと思います。ご議論の末、この表現に落ち着いた事と思いますし、参加もせずに勝手なことを言っているとは思いますが、感想を書かせていただきました。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する